コントローラシリーズに関するFAQ

FAQページではお客様よりTHKカスタマーサポートへご質問いただいた内容から、よくご質問いただく事項を抽出して掲載させていただいております。

コントローラシリーズに関するお問い合せ

Q1 速度、移動距離の最小設定値はいくつですか。
Q2 TSC/TLC/THC:D-STEP/TDOから動作するが、I/Oから動作しない。
Q3 TSC/TLC/THC:I/Oから動作するが、D-STEP/TDOから動作しない。
Q4 TSC/TLC/THC:押付け動作をするにはどの様な設定をすればよいですか?
Q5 TSC/TLC/THC:アラームの内容をPLCに取り込むことは可能でしょうか。
Q6 HS-LXM:パソコンソフトから動作するがOP-20から動作しない。
Q7 QT:アラームの内容をPLCに取り込むことは可能でしょうか?
Q8 QT:標準ケーブルはロボットケーブルですか?
Q9 QT:分解能はどれくらいですか?
Q10 QT:原点位置を任意に変える(オフセットする)ことは可能ですか?
Q11 QT:原点復帰速度を速くすることは可能ですか?
Q12 QT:電源投入後原点復帰は必ず行う必要がありますか?
Q13 QT:原点復帰方向を変更することは可能ですか?
Q14 QT:原点復帰の完了はPLCでどの様に判断すればいいのでしょうか?
Q15 QT:ポイントに移動した場合、位置決め完了信号が切れる時間はどのくらいですか?
Q16 QT:パソコンとの通信がうまくいかないのですが。
Q17 TSC/TLC/THCは汎用のコントローラですか。
Q18 原点復帰方式は、押当てまたは原点センサ方式を選択できますか。
Q19 TNU(ネットワークユニット)とTJU(分岐ユニット)の必要な数量は?
Q20 LXAコントローラは購入可能でしょうか?
Q21 HS-LXMコントローラ用のオペレーティングBOX(OP-10)の表示を日本語から英語に切り替えることは可能でしょうか。
Q1 速度、移動距離の最小設定値はいくつですか。
A1.
形番 移動距離[mm]速度 [mm/s]
TSC 0.01 1
TLC /THC 0.001 1
LXA 0.001 1
HS-LXM 0.0001 0.01
Q2 TSC/TLC/THC:D-STEP/TDOから動作するが、I/Oから動作しない。
A2.
I/Oから指令を行う場合はAUTOに設定する必要があります。
コントローラ前面のモード切り替えスイッチがMANUになっていないか確認してください。

また、モード切替スイッチがAUTOで動かない場合は一時停止入力が入っていることが考えられます。
I/Oの一時停止入力(b接点)を配線するか、パラメータの一時停止入力無効選択を無効にしてください。
Q3 TSC/TLC/THC:I/Oから動作するが、D-STEP/TDOから動作しない。
A3.
D-STEP/TDOから指令を行う場合はMANUに設定する必要があります。
コントローラ前面のモード切り替えスイッチがAUTOになっていないか確認してください。

また、モード切替スイッチがMANUで動かない場合はイネーブルスイッチを押していないことが考えられます。(TDOのみ)
初期設定では安全のためパラメータのイネーブル機能が有効になっています。
イネーブルスイッチを押すか、パラメータのTDOイネーブル機能を無効にしてください。
Q4 TSC/TLC/THC:押付け動作をするにはどの様な設定をすればよいですか?
A4.
ステップデータに押し付け(%)を設定する項目があります。
0%以外の値にすると押付け動作となります。
Q5 TSC/TLC/THC:アラームの内容をPLCに取り込むことは可能でしょうか。
A5.
アラーム発生時はALM出力(pin.34)がOFFし、(AC 0 ~ 5)にアラームコードを二進数出力します。
十進数に変換してアラームコードを求めます。
この出力信号を取り込むことで発生しているアラームの内容を確認することができます。
Q6 HS-LXM:パソコンソフトから動作するがOP-20から動作しない。
A6.
OP-20を使う場合、前面のCN2切り替えスイッチを422にする必要があります。
また、パソコンソフトと接続する場合は232Cに切り替えてください。
Q7 QT:アラームの内容をPLCに取り込むことは可能でしょうか?
A7.
取り込むことはできません。
Q8 QT:標準ケーブルはロボットケーブルですか?
A8.
ロボットケーブルではありません。
ロボットケーブルが必要な場合は、受注品対応となります。
Q9 QT:分解能はどれくらいですか?
A9.
2000pulse/revです。これを電気的に4てい倍して8000pulse/revとなります。
Q10 QT:原点位置を任意に変える(オフセットする)ことは可能ですか?
A10.
可能です。
パラメータNo.25を設定することで原点位置を任意に変更できます。
但し、パラメータNo.17, 18は変更前の原点位置での値ですので、
マイナス側に変更した場合は、変更した分だけ数字を大きくする必要があります。
Q11 QT:原点復帰速度を速くすることは可能ですか?
A11.
可能です。
上限は20~30[mm/s]としてください。原点復帰動作は、アクチュエータ稼動部がメカストッパに
押し当たります。あまり速いと稼動部と連結している部品が衝撃を受けることになります。
搭載質量や取付姿勢も影響しますので、少しずつ速度を速くし状況を確認しながら行ってください。
Q12 QT:電源投入後原点復帰は必ず行う必要がありますか?
A12.
必要です。
使用しているサーボモータはインクリメンタルエンコーダを使用している為、
電源投入後は現在位置がどこにあるかわからない状態です。
その為、原点復帰動作が必要となります。
Q13 QT:原点復帰方向を変更することは可能ですか?
A13.
可能です。
パラメータNo.9とNo.23を変更する必要があります。
詳しくはTHkまでお問い合わせください。
Q14 QT:原点復帰の完了はPLCでどの様に判断すればいいのでしょうか?
A14.
FIN信号のレベルで判断してください。
Q15 QT:ポイントに移動した場合、位置決め完了信号が切れる時間はどのくらいですか?
A15.
約5[ms]となります。
その為、スキャンタイムが5[ms]以下のPLCでないと読取ることができません。
Q16 QT:パソコンとの通信がうまくいかないのですが?
A16.
以下のことを確認してください。
・コントローラの電源が入っているか
・通信ケーブルが断線していないか
・通信ソフト側で”オフライン”となっていないか
・通信ポートの設定があっているか
・通信ソフトとパソコンインストール済みのソフトが競合していないか
・変換ケーブル用のドライバがインストールされているか
・変換ケーブル用のドライバをインストールした時のUSB差込口と現在差しているところが違わないか
Q17 TSC/TLC/THCは汎用のコントローラですか。
A17.
汎用コントローラではありません。
弊社モータ付きアクチュエータ専用の単軸用ドライバコントローラです。
・TSC:ステッピングモータ用のドライバコントローラ
・TLC:サーボモータ(50W)用ドライバコントローラ
・THC:サーボモータ(100W~750W用)ドライバコントローラ
Q18 原点復帰方式は、押当てまたは原点センサ方式を選択できますか。
A18.
TSC,TLCは押当て方式のみとなります。
THCは原点センサ方式を選択できます。
Q19 TNU(ネットワークユニット)とTJU(分岐ユニット)の必要な数量は?
A19.
上位装置に対するTNUは1台必要となります。
TJU1台で、TSC/TLC/THCをランダムに最大6軸まで制御できます。
制御軸数を増やすためにTJU同士をリンク接続する場合は、接続された側は最大5軸制御になります。
なお、制御軸数は最大16軸となります。
Q20 LXAコントローラは購入可能でしょうか?
A20.
2016年4月30日に生産終了になっておりますので、新規購入はできません。
但し、修理対応は可能です。修理が必要な際には、THKまでご連絡ください。
なお修理対応は生産終了後、5年間を予定しております。
しかし部品等の在庫状況等により、修理対応期間が変更となることがあります。

また、今後の生産終了予定は下記の通りです。下記日時に受注停止となります。
・コントローラシリーズ LXA-S,DM-B:2017年3月31日
・コントローラシリーズHS-LXM:2018年3月31日
・スーパーFAシリーズAST,KT:2018年3月31日

ご不明な点は、THKまでお問い合わせください。
Q21 HS-LXMコントローラ用のオペレーティングBOX(OP-10)の表示を日本語から英語に切り替えることは可能でしょうか。
A21.
表示を日本語から英語に切り替えることはできません。
別途、英語版のオペレーティングBOXがあります。詳細につきましては、THKまでお問い合わせください。
page top

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら お問合せはこちら
Get Adobe Flash Player 動画をご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。
Adobe Flash Playerをダウンロードする